こんにちは。
愛知県一宮市を拠点に内装リフォームや水回りリフォームなどを承っております、愛夢建築株式会社です。
日本では今、地震が頻発しています。
「自宅が大きな揺れに耐えられるか分からない」と不安になっている方も多いのではないでしょうか。
今回は耐震補強工事について、工事の内容やそもそも必要であるかどうかについてご紹介します。

そもそも耐震補強工事とは?

耐震補強工事とは
耐震補強工事とは、建物の強さを補強することで地震に耐えられるよう工事を行うことです。
ひび割れた部分の補強や、建物の土台となっている基礎コンクリートに打ち増しなどを行います。
屋根の軽量化による揺れを少なくするための施工や、壁や柱などの構造部分に耐震金物を取り付けて補強することで、建物自体の強度を高めることも可能です。
耐震診断によって耐震性の強さや住宅の劣化具合を確認した後、適切なプランで施工していきます。

旧耐震と新耐震基準の違い

耐震基準とは、施行令や建築基準法で定められた「地震に耐える建物を建築するための構造基準」です。
これまでの旧耐震基準では「中規模の地震で倒壊・崩壊しない」ことが基準とされていました。
1981年から改定された新耐震基準では上記が「震度5強レベルの中規模地震で家屋がほぼ損傷しない」に変更され、「震度6強以上の大規模地震で家屋の倒壊・崩壊がない(多少の損傷は許容)」という基準も追加されています。
安心して暮らし続けるためにも、旧耐震基準で建てられた住宅は耐震リフォームを行い、補強しておくことがおすすめです。

耐震リフォームのことなら愛夢建築株式会社へ!

耐震補強工事もお任せください
建物の安全性をご懸念ではありませんか?
弊社は建築工事一式、リノベーション工事、 改修工事、外装工事、リフォーム工事において多数の実績を誇っておりますので、関連のご相談であればなんでも承ります!
工事のご依頼につきましては、お電話やお問い合わせページから受け付けております!
ご依頼に際しまして不明な点がございましたら、なんでもご質問ください。
誠実に対応させていただきます!
最後までご覧いただきありがとうございました。


一宮市などでキッチンリフォーム・注文住宅は一宮市の愛夢建築

〒491-0123 愛知県一宮市富塚起畠1-37
電話:0586-53-6055 FAX:0586-53-6057