住宅を購入するとなると、新築戸建や中古戸建など、いくつかの選択肢があります。
より手頃な価格帯であることから、中古戸建を選択する住宅メーカーも少なくありません。
今回は、中古戸建を購入する際のメリットとデメリットを比較していきます。

メリット

同じ地域でも中古戸建のほうが安価

中古戸建を購入する主なメリットは、手頃な価格であることです。
中古戸建の価格は、周辺環境、住宅の状態、リフォーム・リノベーションの必要性などによって異なります。
一般的に、中古戸建は同じエリアの新築戸建よりもリーズナブルです。
新築戸建には、あらゆる建築資材や人件費のほか、地価やマーケティングなどの諸経費を考慮する必要があるためです。

リフォーム・リノベーションにコストをかけられる

初期費用が安く済むため、リフォーム・リノベーションにコストをかけられます。
リフォームすれば新築同様にすることも可能ですし、リノベーションで間取りを変更すれば、オンリーワンのデザインや好みの空間に仕上げることも可能です。

デメリット

新築よりも早く修繕が必要になる

中古戸建を購入すると、初期費用は安く済みますが、いくつかのデメリットがあります。
新築戸建とは異なり、中古戸建は劣化が進んでいます。
そのため、新築よりも早く修繕が必要になります。

住宅ローン審査が厳しい

築年数が経つほど建物の価値が下がるため、住宅ローン審査が厳しいこともデメリットの一つです。

このようにデメリットもありますが、中古戸建には新築戸建にはないさまざまな魅力があります。
中古戸建の購入は、より手頃な物件をお探しの方にとって素晴らしい選択肢となります。
リフォーム・リノベーションで手を加えれば、新築戸建を購入する以上の「満足感」を得られる可能性はとても高いでしょう。

お客さまの希望に寄り添うリフォーム会社です

内装工事が得意な工務店をお探しではありませんか?
一宮市などで内装リフォーム業者をお探しの方は、愛夢建築株式会社に今すぐお問い合わせを!
施工実績が見たい方は、下記をクリック。

 

 


一宮市などでキッチンリフォーム・注文住宅は一宮市の愛夢建築

〒491-0123 愛知県一宮市富塚起畠1-37
電話:0586-53-6055 FAX:0586-53-6057